1. トップページ
  2. 化粧品選び
  3. 洗顔

インナードライ肌に適した洗顔料は?

インナードライ肌に適した洗顔料は…

独断と偏見かもしれませんが

  • 水離れがいい(ゆすぐのが早い)
  • 過剰な潤い機能がない

この二点です。

特段、毛穴がスッキリするとか、ニキビにいいとか、洗い上がりに潤いが残るとか、泡がモコモコだとか…そういうのどーでもいいです。

上記二点を抑えた洗顔料であればインナードライ肌改善に適していると言えます。

本当はどんな洗顔料でも洗い方次第

インナードライ肌になる原因の多くが洗顔のやり過ぎ、そして無駄な保湿ケアの繰り返しによる肌バリア機能の損失です(詳しくはトップページに記載

顔の汚れ、メイクを綺麗に落としつつ、どこまでセラミドなど細胞間脂質を失わないか?

洗顔って実は難しくて、いわば果物の実を一切傷つけずに皮だけを剥くような作業なんです。それくらい難しいスキンケアなんです。

昔は普通の石鹸しかないですし、今みたいに洗顔の重要性がどうとか聞くこともなかった。だから洗いすぎることもなく、洗顔時間が短くてソフトだったんです。

現代は洗顔料の種類がいろいろ。それぞれ洗浄力が違うので、洗顔にかけるべき時間、洗い方もそれぞれ。でもみんな同じように洗っちゃう。だからセラミドなどが流出して乾燥してしまうんです。

結局、インナードライに適した洗顔料というのは存在してなくて、どんな洗顔料でも洗う人次第だってこと。

誰でもスッキリ+洗いすぎない洗顔料がインナードライ肌向き

問題なのはみんな洗いすぎる癖が抜けないこと。

  • 顔に汚れが残っていたら…
  • 酸化した皮脂やメイクが老化を招くから…
  • しっかり洗うことで肌が綺麗になるしなあ…

どれも勘違いか間違い。

多少汚れが残っていても肌に悪影響はほぼゼロです。影響があるならメイク自体がアウトですし、普段皮脂が多い時間帯はどうするのだと。
そんなことより、洗いすぎないほうが遥かに肌にとっていいです。インナードライが改善します。

でもスッキリしないと気持ち悪いですよね?そういう癖がついているから。

だから、それなりにスッキリ。でも誰がやっても洗いすぎないようになっている。そういう洗顔料がインナードライ肌の人にとって最適といえます。そしてその洗顔料が見つかれば、保湿ケアがダメでもインナードライが改善する可能性がかなりあります。

洗顔後の潤いが強い洗顔料はダメ!

洗顔後に潤っている!突っ張らない!

という洗顔料が人気ですが、だったら洗顔後に何もしないで一日過ごしてみてください。それで乾燥を感じないのならいい洗顔料でしょう。

でも実際は違いますよね?すぐに乾燥を感じるはず。

結局あれは保湿成分や界面活性剤のシワザ。潤っているように見せかけているんです。多少は意味があるのですが、洗顔はあくまで洗顔。洗顔で保湿というのは矛盾しています。

潤い成分が強いと特にインナードライ肌にダメです。洗いすぎていることに気づかないんです。普通の石鹸で時間をかけて洗顔すると、途中で肌の突っ張りを感じてきます。誰でも洗い過ぎなことに気づきますよね。でも潤いが強い洗顔料はこれが全く分からないんです。だから洗いすぎちゃう。

洗顔料に潤いはあまりいらないんです。このデメリットを分かっていて正しく洗えるならアリですが、インナードライ肌になっている人はなかなか難しいんじゃないでしょうか。

泡立たないほうがインナードライ肌向きなことが多い

泡立たないタイプの洗顔料ってありますよね。泡立つタイプより水で肌から離れやすい特徴があります。

みなさん洗っている時間ばかり気にしますが、それプラス水でゆすぐ時間も考えないとダメ。このときも洗顔時間であり、洗浄成分が肌を攻撃し続けています。

泡立ちがモコモコする洗顔料がやたら褒められていますが、洗顔に泡が必須なわけではありません。イメージです。

泡はどうしても肌に残りやすくなります。一方、泡立たないタイプは肌に伸ばす必要があるため水分と馴染みやすくなっています。なのでゆすぐときも肌から離れやすい特徴があります。絶対ではありませんがそういう傾向です。

逆に泡がダメかというとそうじゃありません。例えば普通の石鹸の泡って肌にあまり残りません。いろいろ成分を添加した美容洗顔石鹸の泡が残りやすいんです。

なのでできるだけ自然で無理やり美容効果を持たせていない洗顔料なら泡がモコモコでもO.K.です。ゆすぎが早いので。

洗顔料単体でお探しなら

インナードライ肌は洗顔のしすぎ防止が最重要。泡で転がして洗うタイプは時間がかかりすぎたり、すすぎに大量の水が肌を滑ることでセラミドを多く失います。

泡がしっかり目で水離れがいい、泡で転がすのではなく吸着、取り込んでしまうものが適しています。

b.glen クレイウォッシュ(保湿トライアル同梱)

  • 泡立たず水離れが非常に早い
  • 滑らかなドロ系で毛穴汚れにもフィット
  • 洗いすぎる心配なしで超時短すっきり

インナードライ肌にベストの条件を揃えています。実際に使うと分かりますが非常に水離れが早いです。顔に馴染ませてそのまま流すだけで十分すっきり。洗顔というより塗って流すだけ。

これだと汚れがろくに落ちていなさそうですが十分落ちています。肌を無駄にこすることも、セラミドを過剰に失うこともなく、それでいてかなり爽快。この感覚はもちろん、洗顔が面倒くさくなくなるのが非常に助かります。夜はもちろん、朝に洗顔料を使うかどうかの議論はこのクレイウォッシュを使えば解決です。

トライアル 7日分・1,800円(税別) 送料無料 このブランドの全トライアルに洗顔料含まれています。ブランド売上No.1がこれ

DECENCIA つつむ「ジェントルウオッシュ」(トライアル同梱)

  • ベーシックな固形石鹸
  • 2~3ヶ月使えてコスパ良
  • きめ細かい泡で刺激が少なく水離れ良好

ベーシックな洗顔石鹸ですが泡が非常に細かくクリーミー。弾力じゃなくて密度が高い泡で凹まない感じです。

肌に当てたときに泡の厚みを感じることができ、ちゃんと肌に接している感覚が分かります。モコモコ洗顔料でありがちな、泡だけ動いている感じがなくてしっかり洗えているのが分かります。

敏感肌専門ブランドでセラミドを重視しているため、多少洗いすぎても突っ張りが出ません。肌に保湿成分を特に残しているわけでもないのに、すっきり自然な洗い上がりで満足感があります。洗顔はじっくり固形石鹸で、という人には最適でしょう。

トライアル 14日分1,470円(クリーム等のトライアルセット同梱) 送料無料 本商品は3ヶ月程度まで使えて2,000円弱でお得

インナードライ徹底ケアならW洗顔不要クレンジング

メイクをしている人はW洗顔不要のクレンジング1回で済ませるのが正解。W洗顔しないと不安という女性が多いですが、その間違った思い込みがセラミド不足を引き起こしインナードライを発症させます。

水分感の高いタイプならW洗顔したときと変わらない仕上がりです。乳化してクリーム状になるより、水分を保ったまま洗えるクレンジングならすっきりかつ肌負担を減らせて乾燥を予防できます。

リ・ダーマラボ モイストクレンジングゲル

  • 泡立たない美容液洗顔
  • こんにゃくスクラブでマイルドさをカバー
  • 潤いが強いが馴染ませるだけなので洗いすぎない

大半がセラミドなどの美容液でできたW洗顔不要のクレンジングゲル。洗顔料としても使えます。

こんにゃくスクラブが入ったゲル状で、顔に馴染ませて流すだけ。メイク落ちはかなり早いのですが洗浄力が強いという印象はありません。メイクなしの素顔に使ったときにキツイとは感じないんです。これが不思議。美容液主体なので潤い感は強いですが、いわゆる不自然なぬるつきはなく、馴染ませて流すだけなので洗いすぎるリスクはありません。

こんにゃくスクラブは馴染ませる過程のコロコロで十分。鼻の角栓など意図的にやりすぎると刺激過多になり、インナードライを悪化させるので、こんにゃくスクラブは補助的に使うとちょうどいい感じです。

トライアル 夜のみ使用で2ヶ月分通常約3,000円。初回は2本で同価格。送料無料

アルファピニ28 ボタニカルリキッドクレンジング

  • 濃厚な美容液クレンジング
  • 水未使用(肌荒れに適した植物蒸留水のみ使用)
  • オイルフリーでさっぱり

美容液タイプのW洗顔不要クレンジング。ベースが赤ワインの34倍ものポリフェノールを含むクマタケランの蒸留水。普通の水を一切含まず、天然の力で肌をいたわる作用もあります。

オイルフリーでまつエク可能。98%以上植物由来で赤ちゃんの日焼け止め落としにも使えるほど。とろりとした濃厚なテクスチャーでメイクはもちろん、水溶性の肌汚れもしっかり洗い流します。ただ優しいだけでなく、クレンジング力もバッチリあるため時短でセラミド減少をしっかり予防できます。

トライアル 2ヶ月分で3,300円 いつでも変更可能な継続コースで20%OFFの送料無料です。