1. トップページ
  2. 化粧品選び
  3. 保湿クリーム

インナードライ肌に適した保湿クリームは?

皮脂は油分。だから油分が多い保湿クリームはインナードライに合わない。

ただ一概にそうとも言えません。同じインナードライでも使ったほうがいい人とそうでない人がいます。

必要なのは角質層の保水。保水ができているなら保湿クリームが絶対に必要とは言えないんです。

皮脂が多いからクリームは不要というのは勘違い

皮脂がたっぷりあるから油分の追加は不要では?

保湿クリームにはいくつかの役割があります。その中に、洗顔後の皮脂不足をカバーする目的があります。なのでインナードライだからって保湿クリームが不要とは限らないんです。

インナードライになる根本原因は肌バリア機能の低下です(詳細はこちら)。この肌バリア機能の1つが皮脂です。

洗顔をすると丁寧にマイルドに洗っても皮脂は大幅に減少します。この皮脂がない状態は肌バリア機能がガクンと低下。刺激に弱い状態になります。

皮脂は自然に元に戻ります。特にインナードライ肌の人は早くたっぷりと戻ってくるでしょう。

しかし、その皮脂が戻ってくるまでの時間が問題。インナードライ肌の人でも皮脂が完全に戻るまでの時間にバラツキがあります。インナードライ肌は肌バリア機能の低下が主な原因。もし角質層の保水が十分であるなら絶対に保湿クリームが必要とは言えません。でも保水が不十分なら、多少は油分を補ってやったほうが肌バリア機能の回復までの時間をカバーできます。

つまりその人次第というわけ。

美容液・乳液も製品だとちょっと役不足

化粧水はともかく美容液や乳液でもいいのでは?

美容液や乳液にも油分が含まれています。テクスチャーによってはこれで十分な場合もあります。

ただ美容液や乳液も製品によってまちまち。一見油分が多いように感じる乳液でも、実は油分量はほとんど含まれていないのが一般的。大半は水と界面活性剤です。

判断ポイントとして、洗顔後の皮脂が切れている状態に美容液や乳液を塗り、その後も肌に微細な刺激(チリチリしたり、何か違和感)を感じないのならそれで大丈夫かもしれません。

油分という意味では美容液や乳液にも含まれているため問題ないように思えますが、やはり肌を均一にしっかりとカバーするという点ではクリームに劣ります。製品特性次第でしょう。

また、セラミドや美容成分というのは水溶性ではなく油溶性のものが多くあります。多くの美容成分を取り入れて肌に与える場合、クリームテクスチャーに一番多く配合できることが多い、という点も重要なポイントですね。

ニキビができやすいのも誤解!製品次第

インナードライに保湿クリームを使うとニキビになるのでは?

インナードライと併発しやすいのが大人ニキビ。大人ニキビの原因は完全にインナードライの状況と同じなんです。

保湿クリームで仕上げた後に自前の皮脂が加わるとニキビ条件が増えそうですよね。

でもこれは人によります。仮に化粧水仕上げにしてもニキビができる量は変わらないでしょう。

なぜなら、ニキビができる原因のメインは皮脂の量ではないからです。というのは、皮脂でベッタベタの男性は多いですが、必ずしもニキビだらけではないですよね?むしろ皮脂が少ない女性の方が大人ニキビで悩んでいるくらいです。つまり皮脂の量が問題じゃないということ。

大人ニキビは毛穴に皮脂が溜まってしまい、それによりアクネ菌が繁殖するためです。もっと複雑な原因がありますが、要は毛穴に皮脂がずっと停滞してなければ意外とニキビはできないんです。入れ替わっていれば大丈夫。

保湿クリームでニキビが余計にできたという場合、それは油分のせいではなく皮膜性の強さが原因と疑われます。肌水分量の蒸発を防ぐために肌を皮膜で覆うクリームがあります。しかしそれが強力すぎると毛穴に皮脂が閉じ込められてしまいニキビができてしまいます。

だからインナードライ肌に保湿クリームを使うとニキビができやすいというのは、かなり製品によるということ。そして保湿クリームを使ったほうがインナードライ肌の改善に近づける可能性があるため、ニキビを怖がって使わないというのは間違いといえます。

ハッキリと言えることは、わざわざ油分がたっぷりなクリームは使う必要がないということ。そうでなければ、クリームだからアウトということはありません。

オイリー肌でもテカらない保湿クリーム

皮脂が出てきてもテカりづらく重くならないインナードライ肌向けの保湿クリーム候補です。

ただべたつかないだけでなく、どれも潤い維持力に優れた製品です。夜塗ってそのまま次の日も続くような潤いがあるため、朝は塗らなくてもいいか、塗っても量を抑えられます。なのでメイクの皮脂くずれ予防にも最適。

b.glen QuSomeモイスチャーゲルクリーム

  • 水分を引き寄せ保つ
  • ゲルの弱点がない
  • かなりのオイリーでもテカらない

インナードライ肌に人気のゲルクリーム。ただゲルはベチャッとしていつまでも肌に残ったり、そのときだけ潤うなど問題も多くあります。b.glenのゲルクリームは浸透技術QuSomeを採用。リポソーム技術がベースの浸透技術により、素早く角質層内に浸透し、時間をかけて成分をリリース。ゲルの弱点を克服しています。

ゲル系で問題となる乾いた後のテカリもなく、かなりのオイリー肌でもベタつき、重さ、テカリを感じません。それでいて保水性はかなりのもの。しっかり潤いを補いたいけど見た目が気になる人は要検討です。

トライアル 7日分 1,800円(税抜) 送料無料 365日返品保証

KOSE米肌 肌潤クリーム

  • 皮膚水分保持機能改善のライスパワーエキスNo.11配合
  • 保水性強化で潤い感アップ
  • 定期購入する場合にお得

べたつかず改善作用もあるライスパワーエキスNo.11配合です。KOSEというビッグブランドもこの成分を採用。やはりべたつかず非常に軽いです。

KOSEは今までの経験からライスパワーエキスNo.11の働きをさらに高める工夫がされています。主に水分を引き寄せて維持する成分を配合し、発酵系の美容成分も追加。テカリ知らずなどの特徴はそのままに、やや足りなかった使ってすぐの潤い実感と美容パワーを高めてあります。

トライアル 14日分1,500円 送料無料

RAIZ Repair インナーモイスチュアクリームNo.11

  • ライスパワーエキスNo.11配合
  • ベタつきほぼゼロ・テカリもなし
  • 軽いけど潤う不思議な使い心地

セラミド生産を促し皮膚の水分保持機能を改善するライスパワーエキスNo.11配合のクリーム。肌の内側からの改善作用がメインなので過剰な潤い成分が入っていません。おかげでベタツキ感はほぼゼロ。テカらないし軽いし非常に使いやすくなっています。

ライスパワーエキスNo.11の開発製造メーカー直販ブランドというのもポイント。通常は成分メーカーから仕入れての製造なので、このように成分メーカー直結というのは珍しいですよ。

※紹介しているのは化粧水1ヶ月分付きのトライアルセットです。トライアル単品(1,750円)はこちら

トライアル 化粧水1本+トライアル10日分・2,500円 送料無料