1. トップページ
  2. 化粧品選び
  3. 美容液

インナードライ肌に適した美容液は?

インナードライはとにかく細胞間脂質、特にセラミドを増やすのが最も期待値が高い対策です。

セラミドを多く配合できるのは油分を多く含むクリームですが、美容液にもかなり配合することができます。なのでブランドによっては最もセラミド量が多いのは美容液タイプということも。

セラミド美容液だけでクリームなしもO.K.

油分控えめのクリームを使っておいたほうが無難ではありますが、セラミド量が豊富な美容液ならクリームなしでもうまくいきます。

そもそも皮脂は十分出るので、クリームで油分を補うという必要性はありません。

ただクリームを薄くでも塗っておかないと余計に皮脂が出る場合があります。こんなときはクリームを活用するべき。でもそうじゃないなら、セラミドをたっぷり補うだけで肌状態は十分です。

最大の問題は価格

インナードライ肌にとってセラミド美容液はとても使いやすいアイテム。でもこれを中心に使うとなると使用量が増えます。そのためコストがかかってしまうのが難点。

どうしてもクリームより美容液のほうが製品価格が高くなりがちですよね。確かにセラミド配合量が多い製品が目立ちますが、顔全体にしっかりとセラミドを届けるには、メーカー指定使用量だと物足りません。

メーカー指定使用量はシリーズ全体を通して使った場合なので、セラミド美容液中心でインナードライケアする場合は使用量がグンと増えます。

あくまでセラミド補給がインナードライケアの目的なので、リーズナブルなものか、美容効果もかなり期待してのものでない限りは、美容液だけケアというのはやめておいたほうがいいかもしれませんね。

セラミド濃度が最も高い美容液のブランド

フジフィルム アスタリフト

高価だけど美容作用は唯一無二

赤色のブランドカラーで一躍人気コスメになったアスタリフト。

アスタリフトのシリーズの中で一番人気なのが導入美容液ジェリーです。洗顔後の化粧水前に使うちょっと変わった美容液。

いわゆる肌を痛める可能性のある導入美容液とは仕組みが違い、純粋にセラミド濃度が高いのが特徴。インナードライのようにセラミドが不足していると、後の水分補給も受け止めきれません。まずはベースを整えることで、その後のケアを最大限発揮する仕組み。

開発段階でセラミドを安定的に、かつ高い濃度で配合できるのがジェリータイプだと分かり、そのテクスチャーが美容液に適しているという結果です。ジェリー状ですが肌に伸ばすとみずみずしい美容液となります。

肌を守る力が強いアスタキサンチン配合というのもポイント。刺激により過剰な皮脂が生まれるインナードライにぴったりです。

トライアル 5日分1,000円 送料無料

ノエビア・常盤薬品 NOVⅢ

皮膚科定番のブランド

皮膚科でも案内される定番の敏感肌向けセラミド化粧品。特に美容液のセラミド濃度は同社で最大濃度。そしてセラミド自体に工夫がされています。

セラミドは水と油分が交互に重なることで高い保水性を発揮します。

一般的なセラミド美容液は水と油分に乳化させて配合しますが、いわゆるバラバラの状態で配合されてしまいます。そのためセラミド特有の並びがほとんど壊れており、期待できる保水力は半減しています。

その問題をクリアしているのがNOVのセラミド美容液。

ラメラ結晶化という技術でセラミド本来の並びをキープ。肌に浸透したときからセラミドとしての機能を十分に発揮してくれます。

トライアル 7日分1,500円(税別) 送料無料

メニュー