インナードライ改善方法!ここがポイント!

インナードライ肌はなかなか改善されません。

保湿すればいいだけでは変わらない。

皮脂でベタベタ、化粧崩れに開いた毛穴とおさらばしたいなら、まずはインナードライの仕組みをちゃんと知ってください。

続けて保湿方法の嘘本当をチェック。今あなたがやっている保湿ケアはインナードライ改善に逆効果な可能性があります。

インナードライは乾燥肌です。放置するとシワ、たるみが増えていきます。さらに過剰な皮脂がニキビを作り毛穴を目立たせてしまいます。普通の乾燥肌より厄介なインナードライ対策は保水力がキーワードです。

インナードライ肌の総合ケア化粧品の一覧はこちら

分かりやすいインナードライの原因・正体

肌はセラミドを中心とした細胞間脂質という保湿成分集合体によって、肌表面の内側を水分のプールで満たしています。

この水分のプールに入っている水分量が肌水分量になります。

この肌水分はただ乾燥を感じさせないだけでなく、紫外線やホコリ、ハウスダスト、花粉や黄砂にPM2.5といった目に見えない刺激が肌の奥に届かないように跳ね返す役目もあります。

正確には、皮脂膜が第一次防御、次に皮脂を通り抜けた刺激を、第二次防御である細胞間脂質・セラミドの水分バリアが跳ね返す二重バリア機能になっています。

しかし、何かの原因で細胞間脂質・セラミドが減少して肌の水分プールが減少し肌が乾燥すると、第二次防御が手薄になります。

そこで、刺激から肌を守るために仕方なく第一次防御の皮脂を多く出して、水分バリアの分をカバーしようとします。これがインナードライの原因・正体です(ただし、ストレスや夏場などの高温で皮脂が多いだけの人もいるので注意。乾燥は関係ないという説もあります)。

でも、皮脂は多く出してもバリア機能がほんの少ししか上がりません。水分不足な肌は表皮のターンオーバーが乱れ、貧弱な表皮細胞で満たされてしまいます。肌水分量を保つことは、水分バリアだけでなく、肌全体で刺激に立ち向かえるからです。

皮脂が多く出ても結局、ただ顔がベタベタする、ニキビができやすいという不快感だけが残ります。でも健康な肌より刺激に弱いのでシワやたるみ、シミができやすい状態が続くということになります。

インナードライ対策は化粧水に頼るな!

インナードライ肌は第二次防備の水分バリア機能を回復させるしかありません。

ここで90%以上の人が間違っているのが、肌水分量を上げようとして化粧水に頼っていることです。化粧水ではインナードライは全く改善しません。

先ほどの説明のように、肌の水分プールが減少している、つまりセラミドが減っているのが原因です。

セラミドは肌の8割以上の水分を「蓄える」保湿成分です。この水分プールのセラミドが減っているのに、いくら化粧水でパシャパシャと水を入れ込んでも、その水が肌に留まるプールがありません。なので全く意味がありません!

インナードライのための本当の保湿方法はセラミドケア

インナードライ肌対策はあくまで、肌水分プールのセラミドをいかにして増やせるかです。

このセラミドを増やすには2つの方法があります。

1つは睡眠です。

セラミドは夜の睡眠中にたくさん作られます。ぐっすり眠れた次の朝、なんとなく肌の調子がいいのはそのせいです。

この睡眠中に、肌水分量がしっかりと維持できていると、肌のターンオーバーが活性化して、同時にセラミドが多く作られます。

つまり、夜寝る前に保湿して、肌水分量の蒸発を抑えることが重要です。

もう1つは直接肌にセラミドを補う方法です。

セラミド主体の保湿化粧品を肌に塗ることで、肌角質層に直接セラミドを増やすことができます。

この方法にはもう1つメリットがあり、同時に肌水分量の蒸発も抑えることができる保湿効果もあります。

インナードライ肌原因の水分プール不足を手軽に補強できて、なおかつ夜の水分蒸発も抑えることができ、第一次防御の皮脂分泌にこれ以上の分泌が必要ないことを知らせることができます。

インナードライ肌に適した保湿化粧品の選び方

1.人型・天然型セラミド配合を選ぶ

セラミドにはタイプがあり、最も効率よく保水力を高めることができるのが人型・天然型と記載のあるものです。

もしくはセラミド2など末尾に数字がついているものも同じ意味です。

2.セラミド主体を選ぶ

ヒアルロン酸は人気の保湿成分ですが、インナードライの肌のように皮脂が多いと、ヒアルロン酸の皮膜性の高さから白ニキビが多くできやすくなります。そのまま赤ニキビに発展しやすくなるため、ヒアルロン酸を主体とした保湿化粧品は避けるべきです。

3.非セラミドならリポソーム化されたもの

細胞間脂質の構造と同じ性質を持つリポソーム化なら、セラミドのように長時間安定して角質層に留まってくれます。かなり限られたブランドのみの技術ですが、同時に他の美容成分も活躍しやすいメリットがあります。

4.よりあっさりした使い心地が好みならライスパワーエキスNo.11

セラミド化粧品はヒアルロン酸より使い心地がよくベタつきませんが、好みによってはさらにあっさりした使い心地を好む人もいます。

そのような人には、直接セラミドを含まない代わりに、セラミドが肌で増えるのを促進させる作用のある、ライスパワーエキスNo.11配合の化粧品を選ぶといいでしょう。

ライスパワーエキスNo.11配合化粧品は、ライスパワーエキスの安定した配合のために化粧水にエタノールを使っていることがあり、さっぱりとした仕上がりになります。ただエタノールに敏感な人は避けたほうがいいでしょう。

5.皮膜性が強い保湿成分は白ニキビが増える

セラミドは角質層の中に浸透して安定しますが、ヒアルロン酸(リピジュア、スーパーヒアルロン酸)やコラーゲン、ワセリンといった、肌表面に皮膜を作るタイプは、過剰な皮脂の行き場を失わせて毛穴詰まりを加速。そのまま白ニキビ、最悪は赤ニキビへと発展しやすくなります。

これらが入っているとダメというわけではなく、これらが配合されているものは、なるべく薄付きにすること。一般的な乾燥肌の人が使う分量を使用すると、確実にニキビが出てくるので気をつけてください。

インナードライに使えるセラミド系保湿化粧品

ディセンシア つつむ

肌のもっちり具合から見て、一番インナードライ肌に奥からケアできていると実感出来ました。

確かにここで紹介している保湿化粧品の中では重めの部類ですが、一般的なベタつきとは違う部類。普通に使いやすいです。洗顔・クレンジングから揃っており、女性のインナードライ原因の大半とされている洗顔・クレンジングも矯正できるため、総合的に一番だろうと判断しました。夏は化粧水のみでいけますね。

化粧水、クリームと夜に使うと、翌日の朝に軽く洗顔してもまだセラミド保湿が活きているほど。逆に、そのせいで日中の皮脂テカリが若干目立ちやすくなるのは正直あります。ただ、その期間を乗り越えると、明らかに一番早く満足できます。本気でインナードライを何とかしようというなら最適。

もし日中のテカリが気になったら、化粧水メインでクリームをかなり薄付きにしたら解決します。濃厚なのになぜか伸びがいいため、どうやら付けすぎている人が多いのもその理由のようです。敏感肌専門ブランドなので、荒れやすい肌も安心。肌質を選ばない面でもNo.1でしょう。

保湿成分 ヒト型ナノセラミド
トライアル 1,500円 送料無料

ディセンシア アヤナス

敏感肌専門ブランドのディセンシア。敏感肌向けといいつつも何かを犠牲にしたところは一切なく、むしろこれが基礎化粧品のあるべき姿というべき内容。

ヒト型ナノセラミドで確かな保水力を発揮。皮脂に悩む肌をあるべき姿へ導きつつ、刺激性の心配を忘れてしまう使い心地の裏で、確かなエイジングケア成分が作用。茶色っぽいくすみからシワ・たるみまでケアするオリジナル成分で、皮脂量に隠れている素肌の悩みも同時に対処可能。

インナードライ肌に悩む人の肌は少なからず満足行かない何かがあるはずですよね。その悩みは一瞬では消えないはず。アヤナスのように使いやすく続けたくなるセラミドコスメなら、知らない間にインナードライと一緒に悩みを遠ざけられるはずです。

保湿成分 ヒト型ナノセラミド
トライアル 1,480円 送料無料

KOSE 米肌

ライスパワーエキスNo.11の力により肌水分量アップ。毛穴をふっくら目立たなくさせ、皮脂詰まりが気になる人も安心

ライスパワー系は純粋なライスパワーエキスオンリーが多い中、空気中の水分も取り込む成分や、乳酸菌発酵エキスなど先進的な保湿成分も配合。

全体的にあっさりした使い心地に加え、皮脂が気になる人には嬉しいジェルタイプクリームもラインナップ。継続購入は4回に1回無料なのも大きなポイント。

保湿成分 ライスパワーエキスNo.11
トライアル 1,500円 送料無料

b.glen 乾燥・保湿ケアプログラム

ちょっと異色の存在。セラミドは入っていませんが、医療薬で使われるリポソーム技術(ナノカプセル浸透)を採用し、一般的な保湿成分をセラミドのように長く深く継続して作用させるサイエンスコスメ。

ラインナップのピュアビタミンC美容液は皮脂過剰に最適。これも高濃度なためベタつきや刺激が気になるところ、独自のリポソーム技術がゆっくりと、かつ酸化させずに浸透滞留。ニキビに対してもこれ以上ないケアになります。

細胞レベルでのエイジングケアも意識されているため、インナードライによる皮脂過剰で隠れて見えない肌の衰えも同時にケアできます。他のエイジングケア化粧品に入っている成分は大概これに配合されており、なおかつ、リポソーム技術でちゃんと意味のある場所で長く作用する点で大きな違いがあります。

保湿成分 ※全てリポソーム化 NMF(セラミドに次ぐ保水力) ラフィノース(セラミドなど細胞間脂質を整える)
トライアル 1800円(税別) 送料無料 365日返金保証

フジフィルム アスタリフト(ジェリーアクアリスタ)

総合的に、ということではなく、このラインの一部商品がインナードライ向きということでランクイン。美容液先行ジェリーという独特の位置付けですが、実質上オールインワゲルとして使えるものです。

他社と違うかなり高い浸透性技術を使ったヒト型ナノセラミドベースのジェリー。水分を引き寄せて入れ込む3種類のコラーゲンとのタッグで、角質層の奥から保水力を高めてくれます。これまでの保湿コスメはイマイチと思っていた人に足りないものがあります。

ジェリータイプということでとにかく皮脂が気にならず使いやすいのポイント。難点は価格が高めということですが、セラミドだけでなく、アスタキチンサンやリコピンといった高価で期待感が大きいエイジングケア成分配合なので致し方ないとこを。洗顔後に、もっと素肌が綺麗だったらと考えてしまう人は使ってみるといいかも。

保湿成分 ヒト型ナノセラミド
トライアル 1,000円 送料無料

小林製薬 ヒフミド

洗顔・クレンジング・化粧水・クリーム・UVミルクなど使うべきものが全て揃い、それらが全てヒト型ナノセラミドで満たされた総合インナードライケアコスメ。

製薬会社のブランドだけにまやかしの成分が入っておらず、一見物足りなさを感じてしまいますが、実際は製薬会社らしいしっかりした成分作用。非常にあっさりしてベタつきが最初から残らない不思議な使い心地。この軽さはまさしくインナードライ肌向き。使い心地と反した確かな製薬ブランドの技術が余計な皮脂にアプローチしてくれます。

ただ、リピジュアの皮膜性が高いため、皮脂量が多い人はニキビの元になる可能性があるのでトライアルで確認。

保湿成分 ヒト型ナノセラミド
トライアル 980円 送料無料